愛を深める心と身体とテクニック

絆を深める最高のSEX。 欲求の解消だけではなく、 人生を豊かにする 素晴らしいSEX体験を!

ヘルス嬢してます、癒し系熟女のさゆみです。 数年まえから勉強していたリンパケアセラピストとして開業し、本格的にお仕事にしてます。 夜のお客様へのマッサージもとても好評でリピート率も高く、実は店では結構な人気者!(〃ω〃) 稼げないとか指名が取れず悩んでる方、技術を知りたい女性にもアドバイス出来たらなって思ってます。 風俗嬢でもちゃんと子育てして、起業してプライベートも充実させる事って出来るんです…☆ 風俗嬢の立場から多方面なご相談 アドバイスなども受けいたしますので、男女を問わずエッチの相談もお寄せ下さい。 ま・じ・め にお答えしますよ(^^)❣ 随所に嫌らしい表現など出てくるかと思います。苦手な方、風俗がキライな方はご遠慮下さいませ。

男子禁制の卑弥呼のお世話はなぞの男?!

国同士の争そいごとを治め、主に西日本を中心に30ほどの国を統治していた。

卑弥呼がなくなった後、男の王が立てられたが、再び内乱が始まり、卑弥呼の親族である台与(とよ)が女王となり、再び内乱を鎮めたとされる。


母系を優先している社会であった古代日本は、なぜ、母親の血縁を優先するのかと言うと、狩猟による生活が安定し集落の中、あるいは近くの集落の男子との乱婚により、夫婦関係は性格ではなかったため、出自が母親でしかたどることができなかった。が、そもそも家族と言う単位でなく、一つの集落の中で、役割があり、男性は狩猟や力仕事をし、女性は子どもを集団で育て、集落を維持していたのではないかと思う。

弥生時代にはいってから大陸から渡ってきたといわれていた稲作にも、実は分析技術の進化により、中国で出土されたものよりも、日本のほうが古いことがわかっている。

東日本では、稲作が広まらなかったのは、米以外の作物、栗などの木の実などが十分にあったという。
環状に造られた集落の周りには、栗の木が植えられていた。

そして、卑弥呼が統治する以前、西日本は稲作が広まり、豊かなものが権力を持つようになっていったのだろう。

男性は生来、競い合うのが性分。より多く米が取れた方が強者という考えで、より多くのものを獲得しようとして争いが起こって言ったのかもしれない。

事実、女性の王卑弥呼がなくなった後に立てられた男の王の時代は、再び争いが起き、卑弥呼の親戚の台与(とよ)が現れ、再び争いを治めたとされている。



何故か日本の歴史から消されてしまった卑弥呼の記録。『魏志倭人伝』に記されている卑弥呼に関わる記述の中から探るほかはない。



さて、謎の多い卑弥呼だが、”鬼道”という呪術によって神からのお告により国を治めていたとされるが、卑弥呼は表には姿を現さず、弟が実際の政治を動かしていたと言う。

卑弥呼の周辺は男子禁制とされていたが、身辺の世話をしていたのは男性だったと言う記録がある。

記述の中に、

「年すでに長大なるも、夫婿なく、男弟あり、たすけて国治む」とある。
そして、のことも書かれている。

801032


呪術をあやつった卑弥呼は、巫女、シャーマンという特殊な能力の持ち主であったことがわかっている。いろいろな文献を調べる前までは、シャーマンというのは男性と交わることのない神聖な存在だというイメージでいたが、ギリシャやメソポタミアといった諸外国の歴史の中でのシャーマンは「神位のある男性と交わり、その神託を受ける」のが役目だったのだ。ということは、卑弥呼も同じではないだろうか。


『魏志倭人伝』には弟と男は書き分けてあり、同一人物ではない。
その飲食を給いし男の存在とは何なのだろうか。。。





抑圧された日本の性の歴史から~はじめに~

抑圧された日本の性
何のことだろうと思う方もいるかもしれませんね。

人間の三大欲求のひとつでもある"性欲"は
”食欲”や"睡眠欲”と異なり、
個人が生きていくうえで欲を満たさなくても
命の危険がすぐに及ぶものではありません。

それゆえに、
あまり重要視されない方も多い部分ではあります。

ここでは、史実や書物を掘り起こし、
日本人の"性”がその政治や時代背景、
宗教からどのように扱われてきたのか
振り返るとともに、
日本人の誇りやアイデンティティ、
"あなたにとっての性とは”何であるかを考え

未来がより幸福で豊かになるための
きっかけになればと心から願っております。



“性”とは生きる意欲や自信にも関係しています。
日本人は勤勉な民族で学力では
世界ベスト5位にはいっているのに、
「世界一自信のない国民」というデータもあります。

私はこれが一番の問題だと思っています。

「陰謀説」
などといっても馬鹿げていると思われるでしょうが、
陰謀かどうかは別として、
日本人の底力を恐れ、国力を貶めようと描かれた
シナリオ通りになっている現状に憤りを感じているのです。

歴史を眺めると
そこにはとても大らかで、柔軟性があり優秀な
先人たちの物語がありました。

実は、
小学生から社会科は嫌いな科目、
歴史なんてまったく興味がなかった私です。

愛や性について
いろいろと調べていく中で、
興味を持ち始め
沢山の本を読み漁り、
自分なりにまとめたものです。

もしかしたら、
私のように歴史に苦手意識のある方にも
ど素人だからこそ伝えられるものもあるのでは
と言う思いから書き始めました。

おかしいぞ!ってところ、
ぜひご指摘いただければ幸いです。




報道の自由??

愛の伝道師望月さゆみです!
日本は世界一豊かな国。
でも満足度は低く、
自信のない国民が多い国。

どうしてそんな風になったのだろう。。。

日本の歴史をさかのぼって
性にまつわる事柄を調べていると
こんなに大らかだった日本人が
いつから変わったのだろう

そんな疑問を抱きながら
答えを探していた。

陰謀説や都市伝説のように
密かに語られている秘密結社や
極々一部の特別な人間だけが知っている
恐ろしい計画の数々。

そんな話はにわかには信じがたいけれど
多くの日本人がなんとなく気付いていて
見ないフリ、聞こえないフリをして
日常の平穏な生活を送っている。

「報道の自由」
果たして本当に今の状態が
自由といえるのだろうか?
man-snow-winter-black-and-white-woman-bench-1237386-pxhere.com

見えない巨大な力によって
制限されていることを知るべきだと思う。


船瀬俊介著書日本の真相

この本の最初に書かれている言葉

「今日もメディアは、皮層の情報しか流さない。
深層は永遠に闇の奥に隠蔽される。
それどころか虚報が"真実”の衣をまとって、垂れ流される。
テレビも新聞も教育ですら。
マインドコントロール装置と化してしまった。
しかし、おそらく99%の人びとは、
この戦慄の事実に気付いてすらいない。
だから、私は決意した。
メディアのタブー一つ一つを、掘り起こし、
伝えていく作業にとりかかることを。。。」

これを読んでばかばかしいと思うなら
それもいいと思う。

でも、
マインドコントロールによって
日本人のパワーが奪われているのは事実。

ちっぽけな私にはどうすることもできない
。。。とあきらめたくはない。


日本人が誇りを取り戻し、
自分の大切な人と共に
より豊かな人生を
楽しめるように

なんだかわからない呪縛のようなものから
解き放たれたいと思うの。

お会いしてきた10,000人以上の
お客様の多くは
いろんなしがらみに悩んでいたり、
自分なんて何もできない
なんていう言葉を聞くたびに

それを否定しながら
どうしてそんな風になってしまうのか

人生もっと楽しもうよ!!
っていい続けてきた。



私を見て
自由でいいねっていう人がいたな。。。


その自由って自分で選ぶものだから。
無気力になるような教育を受け
会社では目立たないよう
都合の良い社員を演じ
家庭では良い夫を演じ、
自分っていったい何?
なんて考えるのは嫌だから。


私は学もなければ何の権力もない
ただの風俗嬢だけれど
今の自分の生き方が好き。

自由な私だからこそ言えることがあるんだ
そう思うから。。。

ついつい賢く見せたくて
わけがわからなくなっちゃう
かも知れないけれど

難しい政治や社会情勢というより
どうやったら
愛で満たされた、
豊かな人生がおくれるか
そういう視点を忘れないように
書いていきます♪






ブログランキング見てね
にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ キャバ嬢・ホステス日記へ
にほんブログ村



ブログランキング
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます








プロフィール

LOVE BODYセラピス...

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ